Press Release: 2005-10-12

先端技術研究所
Tufin社と輸入販売契約締結「SecureTrack」販売開始
ファイアウォール ポリシィ管理ソフトウェア(監査、監視、コンプライアンス)

有限会社 先端技術研究所(Advanced Research of Technologies, Inc.、http://www.ART-Sentan.co.jp/、本社: 横浜、電話: 045-978-1292、社長: 工藤 安信)は、イスラエル国 Tufin Software Technologies(ツフィン ソフトウェア テクノロジース)社との輸入販売契約を締結し、ファイアウォール ポリシィ管理ソフトウェア製品「SecureTrack」(セキュアトラック)の販売を開始した。今回の契約は、イスラエル国 Check Point社のディストリビュータとしての先端技術研究所の経験と、Check Point OPSEC(Open Platform Security)パートナであるTufin社の思惑が一致したもので、既に確立された日本における Check Point社製品市場に協同で参入する。

今日の大手企業は、セキュリティ管理を重要なIT要件として捉えており、それには緊密な監視、監査、説明責任が要求される。SecureTrackは、ファイアウォールの セキュリティ ポリシィ変更管理の高度かつ革新的なソリューションで、Check Point FireWall-1およびProvider-1の全てのポリシィ変更の効果的監視を行い、包括的な セキュリティ ポリシィのバージョン管理、監査、追跡を行う。

SecureTrackは、「誰が」、「何を」、「いつ」等全ての変更の詳細な監査を行う。各更新における変更のグラフィカルな比較一覧は、直感的で分かりやすく、迅速な構成の誤りの発見やネットワーク稼動時間の増加に最適である。ポリシィ変更レポートは、ポリシィが変更され次第、リアルタイムにセキュリティ担当者に送られる。

SecureTrackの「Organizational Policy Compliance」(企業ポリシィ準拠)は、企業ポリシィに対して ファイアウォール ポリシィ変更を監査することで、リアルタイム準拠の枠組みを実現し、管理者がこのポリシィに違反する変更を行った場合、即警告を発する。SecureTrackは、この高度なポリシィ監視と監査の機能により、最も厳格な規制と標準に準拠することを可能にする。

SecureTrackは、Check Point OPSECの認定を受けている。OPSECは、業界のオープンなマルチベンダーの セキュリティ フレームワークで、数百社を超えるパートナーで構成され、最善の統合アプリケーションとプラットフォームの幅広い選択を保証している。

定価は、基本構成で519,000円となっている。

先端技術研究所では、メーカ、流通、システム インテグレータ等を経由して販売を行う。

Tufin社からのプレスリリースは、下記をご参照下さい。

http://www.tufin.com/news_oct_11_2005.php

■ SecureTrack

SecureTrackは、Check Point OPSECにより、管理者によってなされた全ての変更を追跡する。管理者がポリシィを保存したり ファイアウォール モジュールにインストールすると、SecureTrackには即座に変更が通知される。安全なOPSEC接続により新しい セキュリティ ポリシィが取り出され、SecureTrackの内部データベースに安全に格納される。

これらの操作は、途切れることなく自動的に行われ、管理者によるいかなる介入も不要である。新しいポリシィがダウンロードされデータベースに格納されると、変更を分析し、Eメール、シスログ、SNMPトラップによりリアルタイムな通知を行う。

SecureTrackのポリシィ変更通知は、リアルタイムなポリシィ変更の追跡とSIM(Security Information Management)やSOC(Security Operations Center)等の外部セキュリティ管理構成との統合を可能とする。また、設定可能な通知ポリシィに基づき、セキュリティ ポリシィに特別な変更がなされた時のみ警告するようなカスタム化された通知も可能である。

■ Tufin Software Technologies http://www.tufin.com/

Tufin社は、ファイアウォール ポリシィの監査、追跡、準拠ソリューションのリーダ的開発元である。Tufin社のSecureTrackは、セキュリティ ポリシィのための包括的監査、追跡、準拠システムである。セキュリティ担当者は、SecureTrackにより、任意の時点での セキュリティ ポリシィの正確な状況を容易に判断できる。Tufin社は、2003年に設立され、本社をイスラエルの Ramat Gan(ラマットガン)に置いている。

■ 先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/

先端技術研究所は、本社を横浜に置き、情報技術(IT)分野における日本を代表する先端技術ハンターである。高度な問題解決力、基礎から応用までの豊富な技術力、長年の業界経験と事業実績、米国、ヨーロッパ、イスラエル等との幅広い人脈、強力な国内販売チャネルを差別化として、海外のソフトウェア製品の日本市場への輸入販売等、多方面の事業を行っている。
045-978-1292、KHB16427@nifty.ne.jp