アプリケーション リスト

管理者は、アプリケーションリストを使用して、保護されたファイルを開く権限を持つアプリケーションを決定できる。 [有効]と表示されているアプリケーションは、保護されたファイル(暗号化されており、サークルに属しているファイル)を開くことができる。これは、通常、許可リストと呼ばれる。「無効」と表示されているアプリケーションは、データの移動のみが許可されている。

許可リストのアプリケーションは、アプリケーションの機能を実行するために必要なファイルの一部を復号できる。

デフォルトでは、許可されたアプリケーションのリストは、一般的な使用のアプリケーションの既知のリストに設定されている。

注意:
Webブラウザ、ファイル同期、共有等のアプリケーション、その他のファイル転送/メッセージングのアプリケーションは、適切なネットワークポリシーを使用して慎重に見直し、モバイルデバイス管理(MDM)ポリシーを適所に実装する必要がある。

例えば、Dropboxを許可リストに追加すると、DropBoxは、保護されたファイルを復号し、そのファイルをDropboxクラウドに同期できるようになる。 Dropboxクラウド内のファイルは、保護されない。

同じ理由で、Webブラウザを許可リストに追加するべきではない。ファイルをブラウザにドラッグすることは、ファイルが保護されていない状態で転送されることになる

Application List

問合せ


【開発元】SecureCircle, LLC https://securecircle.com/
【輸入元】先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/ KHB16427@nifty.ne.jp 045-978-1292