デプロイメント

拡大
■ 組込みコンポネント

管理サービス
HTTPSベースで、管理者に、サーバ、UI、REST、API等、管理インターフェイスへのアクセスを提供する。

クライエント対応サービス
HTTPSベースで、Windows、MacOS、Linux、モバイル クライエント等、エージェントに、クライエント設定、データ暗号化/復号キー インターフェイスへのアクセスを提供する。

KMS(キー管理システム)
デフォルトで、キー暗号化マスター キーを生成、管理する。

データベース
データ アクセス ポリシー設定、キー導出ソルト、管理設定等、サーバの状態を保存し、アプリケーション サーバのステートレス水平スケーリングを可能にする。

■ オプション コンポネント

KMS(キー管理システム)
サード パーティのKMSによるキー暗号化マスター キーの提供により、生成、管理、所有が外部から可能になる。

SIEM/Syslogサーバ
サーバにより生成されたログが、Syslog経由で、Splunk、QRadar、ELK等、サード パーティのSIEM/Syslogサーバに送信され、収集、監視、レポートされる。

SMTPサーバ
サーバにより生成されたメールが、SMTPサーバ経由で送信され、ルーティング ポリシー、「From」アドレスの仕様のカスタム化が可能となる。

アクティブ ディレクトリ
Circle内で定義された データ アクセス ポリシーが アクティブ ディレクトリと合体可能で、複数の アクティブ ディレクトリ サーバとの統合により供給された セキュリティ グループとなる。

問合せ


【開発元】SecureCircle, LLC https://securecircle.com/
【輸入元】先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/ KHB16427@nifty.ne.jp 045-978-1292