Tufin Orchestration Suite
セキュリティ ポリシィ オーケストレーションマルチベンダ対応

ファイアウォールの管理で最も手を焼くのが、ファイアウォールの設定、特にポリシーに対する変更作業である。ポリシーの数が少ない段階ではマニュアルでの対応も可能であるが、膨れ上がったポリシーの変更は耐え難い作業になり、変更ミスはそのままセキュリティ崩壊につながる。

この課題を解決するのが「セキュリティ ポリシィ オーケストレーション」、即ちインテリジェントなネットワーク設定変更自動化である。シミュレーション、分析論に基づくネットワークの真の理解により、単純作業自動化の域をはるかに越えたところに行き着いた。セキュリティに関わる人々に極上レベルの統治、制御の力を与え、セキュリティ、ビジネス継続性を確実にする上で決定的に重要な意味を持っている。

ネットワーク セキュリティ用語では、セキュリティ ポリシーは ファイアウォール ポリシーである。しかし同時に、ACL、ルータ、ロード バランサーの設定にも適用される。セキュリティ ポリシーを管理することが耐え難い作業であるがために自動化が要求される中で、セキュリティ ポリシー オーケストレーションは、並行して起こる数え切れない要因に応えるために浮上してきた。



Tufin Orchestration Suiteは、この セキュリティ ポリシー オーケストレーションを実現した製品である。マルチベンダー環境を対象とし、ファイアウォールを始めとする、物理、仮想、パブリックなクラウド環境の一ヶ所からの管理、アプリケーション コネクティビティ レベルからの設定変更自動化を差別化とする、セキュリティ ポリシー オーケストレーションの包括的ソリューションである。ファイアウォール ポリシー、ネットワーク デバイス、クラウド プラットフォームの可視性、変更トラッキング、分析、監査、ファイアウォール変更自動管理、アプリケーション コネクティビティ管理により、企業内の全てのプラットフォームに対して、厳重なセキュリティ姿勢、迅速なサービス供給、規制準拠を保証する。

SecureTrack: 統合ファイアウォール管理
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securetrack.htm
SecureChange: ファイアウォール設定変更自動化
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/securechange.htm
SecureApp: アプリケーションからのコネクティビティ/ポリシー管理
http://www.ART-Sentan.co.jp/tufin/secureapp.htm
Tufin Orchestration Suiteは、これらのスイートとして構成されている。

ハイブリッド クラウド / 物理ネットワーク全域での セキュリティ ポリシィ オーケストレーション

サポート機器
Tufin Orchestration Suiteは、Amazon Web Services (AWS)、Blue Coat、Check Point、Cisco、F5 Networks、Fortinet、Intel Security、Netfilter/IPtables、Juniper Networks、Microsoft Azure、OpenStack、Palo Alto Networks、VMware NSX等、主要なベンダー/プラットフォームをサポートしている。他の機器は、Tufin Open Platform (TOP)プラグイン経由でサポート可能である。

事例研究  評価版

問合せ


【開発元】Tufin Software Technologies Ltd. http://www.tufin.com/
【輸入元】先端技術研究所 http://www.ART-Sentan.co.jp/ KHB16427@nifty.ne.jp 045-978-1292